the boy and the girl in ukraine on 23 February, 2022

2022年2月24日、ロシア軍がウクライナへ侵攻した日です。

この日を境にウクライナをはじめ、世界中で多くの怒りと涙が溢れ出たのではないのかと思います。

考えたくないですがそんな惨事が始まってから悲しいことにもう既に3カ月が経ち…

1秒でも起こってはいけないことが毎日のように起こっている、その悲しくて腹立たしい現実がずっと続いていることにやるせない怒りが消えないです。

そして日本でも悲しいかな、ウクライナは1秒たりとも気が抜けない緊迫した状態が続いていますのに、メディアやニュース・SNSなどで取り上げられる回数が日に日に減ってきているように思われます。

(勿論自分の身を削ってまでウクライナの情報を発信したり支援をしている日本人の方もいらっしゃるのは重々理解したうえで書いてます)

それと同時に日本国内でもウクライナへの関心が薄れたり、他国だから関係ないかなと考えている方も増えているのではないかな…と支援する側の人間として薄々感じてしまうところもあったりします。

私はそもそももう「他人は変えることができない」と割り切っている人間なので、人にあーだこーだ口うるさく言ったりするようなことは殆どありません。

ですがロシア(特にプーチンの)非常で野蛮な行動がずっと続いている一方で、「自分は関係がない」という一部の日本人の心の声が時々聞こえてくるような気もしています…

***********************

\5/31まで!売上の一部をウクライナへ寄付させて頂くLINEスタンプをご用意致しました!/

◎LINEスタンプはこちらから

◎寄付先の詳しい内容などはこちらから

コメント