I stand with Ukraine for our Children.

I stand with Ukraine for our Children.

in Ukraine, it seems that there are some women who are protecting their hometown with gun. i am very amazing that women have a gun. but…i feel that they have strong will and want to protect their hometown and children.

あきみです。

先週土日、東京以外の日本国内でも反戦デモなどが行われていたみたいですね。

SNSなどで反戦デモの様子などを拝見させて頂くと、ウクライナから遠く離れている日本からでも届けたい思いがある、伝えたい思いがあるというのを感じることができて胸にこみ上げてくるものがございました。

またデモ活動以外にも、クリエイターさんなどが多数ウクライナ支援へ向けた商品を販売されていて、行動力の速さを見習いたいという思いもございましたし、素敵な取り組みをされていらっしゃると本気で感じました。

あきみも投稿に気づけたらシェアなどをして応援させて頂ければと思います。

(もしあきみが無反応だったら投稿に気づいていない可能性がほぼ100%なので遠慮せずDM下さい。遠慮せずですよ。)

本日は同じ女性としてかなり感じるものがあった、ウクライナの女性兵を描いてみました。

日本でもウクライナの元ミスが軍人として銃を構えたりしている姿などが話題になりましたが、元ミス以外にも銃を全く持ったことがなかった女性たちも銃を持って命を守ろうとしているみたいです。

平和ボケしているあきみとしては、自分と同じ女性が銃を持ったり軍隊に入ったりすることにまずは驚きが大きかったですね。

どうも自分の偏見といいますか、銃を携えたり軍隊に入って国や家族を守るのは男性がほぼほぼだと誤解していたので…

これはあきみの推測でしかないのですが、女性が自分が殺させるかもしれないのに銃を携えて戦地に赴く理由はなんなんだろうなと考えた際に、「国のため」もあるかと思いますが、それ以上に「子どものため」もあるのではないのかなと考えてしまいます。

それはなんだかんだあきみも母から命を懸けてここまで育てて頂いたものでありますし、クレヨンしんちゃんの映画でみさえが言っていた「親にとって子どもは自分以上なの!」もそこに行きつくのかなと。

自分の命が明日なくなってもおかしくない、そんな思いを抱きながらも最前線で闘っていこうとするウクライナの女性兵の方々に頭があがりません。

***********************

\売上の一部をウクライナへ寄付させて頂くLINEスタンプをご用意致しました!/

◎LINEスタンプはこちらから

◎寄付先の詳しい内容などはこちらから

コメント